なかにー釣り・アウトドア 自然とふれあい生き力!

楽しんでなんぼ♪自然とともに自然に生きる!   生命のドキドキを感じて活きたいから~     『なかにーの釣り・アウトドア行脚』

やっぱり銀山湖(^-^)/

2週間後にバスプロ選手権を控え、プリプラクティスの堅ちゃんプロに同行させてもらって行ってきましたのは、1年ぶりとなる生野銀山湖✨

イメージ 1

出迎えてくれたのは、少しやつれた秋山さん😅

こんなに長い間、訪れていなかったところなのに、『久しぶり~⤴』と、某姐さんも受け入れてくれて、帰郷したような感じ😋✨

イメージ 2

秋山さんが疲れ気味なこと以外は、良くも悪くも何も雰囲気変わってないなぁ😜

で、湖上へ出てみる~✨

この季節にしては満水で、台風⚡🌀☔後の濁りも取れずのまま💦で、水温は18.2℃

ゆっくりめの出船🚤だったが幸先良く堅ちゃんのスピナベにファーストキーパー🎵

イメージ 3


これは巻物でも行けるのか⁉と、らしきストレッチを流して行くも、その後反応は得られず😓💦

定番的なフラットを攻めると

イメージ 4

銀山キーパー🎵

イメージ 5

次いで堅ちゃんも


が、しかし........

寒いっ🌁⛄🌁

朝来の北陸をなめていた😓💦

レインにパーカーを着ていれば大丈夫だろうと思っていたが、ここは『銀山湖』だった😓

寒いっ🌁⛄🌁

ガタガタ震える*1ほど、、、釣果も寒い😥❄

200gあるか⁉ないか⁉のキーパーバスを血眼になりながら絞り出す💦💦💦

やっぱり銀山湖だ✨

この貴重なバスを1日に2本ずつ2日ずつ獲ってこれることができれば、限りなくお立ち台に近いところへ行けると思います😓💦

季節の変わり目となる生野銀山湖🍀

間違いなく言えることは

1)バスはベイトに付いていて動きが早く、1ヶ所に定着する居着き系ではなく、群れで行動している

2)釣れる場所は必ずベイト付きのフラットハードボトム

3)このかつかつキーパーでさえ少しのプレッシャーがかかると一気に喰わなくなる、もしくは甘噛みショートバイトとなる

これが最強といわれる生野銀山湖のリアル✨で以前と変わらぬ姿であった😅💦

バスプロ選手権出場の皆さん❗心してかかってくださいね😅💦

イメージ 6


防寒着は、お忘れにならないように~😱

戦う前~死にますよ💀

*1: