なかに~釣り~自然とふれあい生き力!

楽しんでなんぼ♪自然とともに自然に生きる❗生命のドキドキを感じて活きたいから~    『なかに~の釣り~アウトドア行脚』

JB生野銀山湖シリーズ最終戦プレスとしてオブザーバー参加

トーナメントレイク生野銀山湖

現役時代、週に2回、少なくとも1回は通い詰めた生野銀山湖

f:id:nakani-shooter:20190916100405j:plain

深緑の生野銀山湖.....やはりここはトーナメントの聖地

今回は年間首位を走る中村克仁プロのプレスとしてバックシートでのオブザーバー参加

 

前々からトーナメント仲間より依頼を受けており、その釣りを間近で見せていただくこととなり、現地へと向かった(ロッドを持たずしてここへ向かうのは生涯初(笑)

 

一時は百数十名のトーナメント参加者があり人気であったフィールドは

年間を通じ、生野銀山湖で開催されるトーナメントはJB/NBCだけで10回を超え、

晩秋にはバスプロ選手権といわれる西日本最大の試合が開催される、

トーナメントレイクとしても有名です。

今現在ではトーナメント(競技)人口が減少(ワタシも含め)し、かつての人気フィーールドは、全国的に閑散としてしまっている感があるが

この場でしか得られない『緊張』『刺激』『歓喜』を求めて

今も尚、熱いトーナメンターが集結する場となっています。

 

f:id:nakani-shooter:20190916102527j:plain

48名のトーナメンタ―が、ここ生野銀山湖へ集結

 決して簡単ではない日本一の湖!?で

ロクマルの聖地として、かつては日本記録のサイズのバスが釣られたこともある老舗リザーバーの現状は.....

f:id:nakani-shooter:20190916105014j:plain

スタート前、戦略は如何に?

ワタシ自身も久々の湖上からの観察であったため、いろんなことに目を凝らせながら

中村プロのバックシートに同船させていただいた。

f:id:nakani-shooter:20190916124247j:plain

湖上に居ながらロッドを持っていない“なかに~”ありえない

夏の日差しも幾分和らぐ(この日は朝方と日中の温度差があり非常に暑かったが)これくらいの季節にはベイトに依存するバスはシャローからディープまで広範囲に散る!がセオリーとなっているが......

ここ生野銀山湖では、どうやらその限りではないらしい。

実際シャローで見かけたバスも試合中2匹ほどであったし、ベイトに着くバスの

姿も比例するものではなかった(ベイトは非常に多くみられるのだが.......)

また、魚探に映し出されるバスの姿はあるが、そのすべてがルアーにアタックしてくるものではなく、「居ても喰わない」と、口をそろえる選手も多かったため

人為的プレッシャーがかかった銀山湖(特にトーナメント中)では究極の状況に陥ることは今も昔も変わらないことが伺えました。

 

年間のかかる中村プロも、シャローからディープまでくまなく攻めるも湖からの反応はなし(ノンキーサイズの反応もなし)

エリア?釣り方?タイミング?

 いずれにしても、あまりに『無』の時間が長く続き、さすがにメンタルも崩壊しそうになる。

エリアを特定できている選手は一日中その場所を動かず

『風』『スクール』等の要素が合わさるタイミングをずっと待ちしのぐ

といった戦略をとった者が功を制した感じに思えた。

f:id:nakani-shooter:20190916125447j:plain

自然環境、ロケーションは最高なのだが.....

中村プロの戦略、釣り方については、ここでは割愛させていただくが、

試合後、シャローへのアプローチへに対しての繊細さの追求と、プロとして自身を知ってもらう(他者への理解)が得られるためへの公表(表現の在り方)についてアドバイスさせていただいた。

 

残念ながら中村プロが今回の試合中にバスを手にすることはできなかったが、最後まであきらめないプロフェッショナル根性(今回ノーフィッシュではあったが年間4位に踏みとどまられた)は見せていただいた。

ウエインの状況

f:id:nakani-shooter:20190916141146j:plain

ご無沙汰参加であったにもかかわらずインタビュアーを任されて(写真提供:JB/NBC)

 今回の参加者48名中、25cm以上のバス1尾でも持ち返ったトーナメンタ―は

14名!!(汗)

銀山湖の究極を目の当たりにする瞬間だった(注:大方の予想は外れていなかったけど)

f:id:nakani-shooter:20190916130822j:plain

この日のお立ち台!究極の湖で貴重なバスを手にした強者たち

『バスフィッシングを楽しむ』ためだけであれば、決してオススメするフィールドとは

間違っても言えない銀山湖(汗)だが

自分磨き!メンタル強化!の為には、この上なく鍛え上げられるフィールドです。

 

年間表彰が決定する大舞台で大波乱❗

なんと年間レースを争う上位3名が全員ノーフィッシュを喰らうという

予想もしない大波乱が起きてしまった(汗)........... オソロシイ

f:id:nakani-shooter:20190916133005j:plain

年間優勝🏆は安達 裕プロ❗名実ともに誰もが認めるアングラ―だ

 

ANGLER OF THE YEARは 安達 裕 プロ!

 

20数年来の旧友であり、JB生野銀山湖プロシリーズが始まる前の元JBⅡパートナー

誰より、この銀山湖で練習を重ねてきた1人でもあり、野池でも『考えて釣る』をモットーとしている『フィールドコンペティター』だ!

実に3戦目を終えた時点で年間8位であった彼が、今回も6mのガレ場にスクーリングするエビ喰いバスを着実に手にして(今戦の成績は一歩及ばずの第6位)つかんだ年間の瞬間だった‼️

安達プロ🎵3度目のJB生野銀山湖シリーズ制覇おめでとう

また、準優勝にはこちらも

名実ともに兼ね備えている〟ありぼん〝こと 有里 拓 プロ

同じくチームS(サンライン)メンバーとしてTOP50にも参戦するトップアングラ―だ‼️

 

f:id:nakani-shooter:20190916142752j:plain

久しぶりに集結したチームSメンバーで記念撮影

 最強メンバー揃い踏み❗この中で揉まれ多くの刺激をもらったからこそ、

今の自分があるといっても過言ではない。

 

 

トーナメンタ―として生野銀山湖で生まれ育ち、お世話になった故郷は

相変わらずの優しいフィールドではありませんでしたが

 

1.バスフィッシングの奥深さを知る数少ないフィールド

2.強靭なメンタル育成のための究極レイク

3.25cm1本のバスの価値が問われる貴重な湖

    (特に試合中での1本はロクマルに相当)

 

皆さんも『強くなりたい!』!と思われるなら、生野銀山湖をオススメします(笑) 

注)トーナメント時以外のノープレッシャー時には、ビッグフィッシュも数多く釣られていますので、あしからず。

 

◎生野銀山湖へお越しの際はリーズナブルで便利なホテルサンルート和田山

 予約は以下の画像(じゃらんネット)をクリック

        ☟

     ホテルサンルート和田山

ShooterFCスナイパー ライン交換のタイミングって?

あなたは何回の釣行で巻いてあるライン(糸)を交換しますか⁉️

 

フロロカーボン全盛の昨今

バスフィッシングの糸=フロロカーボンラインとなって長い月日が経ちました。

『そんなの当たり前だし、わかってるよ』って方も、このポテンシャルを100%維持できる状態で使用していただきたいので、今回は記したいと思います。

 

ワタシの場合はトラブルなしで釣りに集中できるよう、

トーナメント参戦時代から2~3回の釣行に一度、ラインは巻き換えています。

 

もちろん試合前などでは1本のキーパーサイズ(25cm以上のバス)も確実に獲れるように

必ず、その前日に交換のタイミングとなるよう調整していました。

そのため、フックアウトはあってもラインブレイクには遭遇したことがほぼありません。

 

(スミマセンありがたいことに長年サンラインさんにサポートいただいているため)この頻度で交換することができるのですが(汗)

 

しかし、一般の方では現実的には『糸』にここまでお金をかけることは難しいのではないでしょうか?

 

では、

『どんな使い方、ロケーションで何回の釣行を終えたら交換したほうが良い?』

 

実際にはリールへのスプーリングによる糸グセや飛距離が出さなくなったときには交換の目安です。

この頃には、紫外線による経時的劣化はもとより、目に見えないレベルの小傷やラインの折れ(バックラッシュを直したあと等)少なからずトラブルの原因となる要因が数多く出てくることと思われます。

もともと直線性の良いshooter FC sniperは糸グセがつきにくく、TRPコーティング(トリプルレジンプロセッシング)加工がしてあり、スプールへの平行巻き(常時同じテンションで巻いてあります)でもあるため、しなやかで耐久性にも優れています。

f:id:nakani-shooter:20190911232607j:plain

最強釣糸❗原点となるShooter FC Sniper

幾度となく釣行を重ねたリールから糸を引き出し触ってみると

 

1.なんとなくゴワゴワ感がある

2.リールのスプール状にぐりんぐりんの巻きグセがある

3.糸を指でつまみ横に引いてみると一定の太さでないように感じる

 

など、新品の時とは明らかに異なる違和感があると思います。

 

このような時にはトラブル、ストレスを避けるべくライン交換をオススメしますね。

 

f:id:nakani-shooter:20190911235704j:plain

交換から3週間、約5回の1日フル釣行での3Lb!全く問題なし!

 

耐久性、柔軟性を追及したShooter FC Sniperは、時に使い古したラインであっても、思わぬビッグフィッシュとのやり取りに耐え抜き、頑張ってくれますが......

 

せっかくのチャンスをラインブレイクなどで逃してしまうことは悔やんでも悔やみきれません(泣)

 

ラインチェックは、こまめに行い、根ズレや釣ったバスの歯によってそのキズを確認できた時には横着せずに、長めに切って、リグり直してくださいネ! 

 

 

これまで、ワタシと同行することとなった多くの方に

サンライン Shooter FC Sniper

 

www.sunline.co.jp

を使って頂いているのですが(ありがとうございます)

 

先日の釣りでも、かれこれ半年!?巻きっぱなし、5回目くらいの釣行であった(汗)

Shooter FC Sniper3.5ポンドでオーバーハングに巻かれながらも50up❗

f:id:nakani-shooter:20190911223026j:plain

Shooter FC Sniper 3.5Lbで50up❗

釣っていただけています🎵

 

 

 あとで、そのラインを見せてもらったのですが......

 

さすがに、これだけスプーリング期間が長くなると糸グセも付いて劣化も伺えるものでしたが、

よく耐えてくれました❗

 

サスガ最強釣糸です(^-^)/

注)K本さん、そろそろこれくらいの細いポンド数のものは巻き換えてくださいね(^o^ゞ

 

まとめ 

サンライン社のShooter FC Sniperにおいて、1日フルに釣りをした場合

 

1)5回前後の釣行では問題なく使用できる

2)3~4ヶ月の保有(リールへのスプーリング)期間は自然劣化も含めて大丈夫

※あくまで目安です。フィールド・使用状況、手入れ、保管状況によっても変わってきますので悪しからず。

 

皆さんも、これを機会にフロロカーボンラインの巻き換え頻度を検討してみてはいかがでしょうか?

 

毎月ハードルアーひとつ買う価格で、『間違いない』を手にできるなら

気持ちも強度も新しい『Shooter FC Sniper』

 

是非、ビッグフィッシュをGETしていただきたいです😊👍

 

 

ぶり返し!?夏日には徹底したシェード攻略を

真夏のバスフィッシング再来

日曜日は、お久しぶり♪の角本さんと野池陸っぱり調査へ!


『サイトでの攻略法を実践の中で教えてほしい』とのことで、

某リザーバーインレットから......

f:id:nakani-shooter:20190909163410j:plain

某リザーバーインレットを覗き込む

朝イチにも関わらず魚が少ない

期待度マックスで我先にインレットを目指すも、あまりに少ないバスの数に愕然…。

流れの中に居る「喰いたい」の個体も、減水とそれまでに入っていた人のプレッシャーで

難易度大(泣)

 

チェイスもないまま時間だけが過ぎて行き、ベイトを追うハスでも....と試しに投げたアゴメタルに

f:id:nakani-shooter:20190909164712j:plain

一撃必殺アゴメタル!で、ゴイニーちゃん(*_*;

確かにホント色んな魚種が釣れるアゴメタルは、

ソルトウォーターでもフレッシュウォーターでも成果を出してくれますね!

今回はアカキンの1gで捕獲

 

陽も上がりアチアチになってきたので場所移動

 この間までの涼しさは何!?ってくらいに脅威的暑さが、ぶり返してきたので

オープンではない『極力シェードの多い野池』を選択し車で30分ほどかけて移動。

 

徹底したシェード攻略

水中を観察していると、雲の切れ間から陽がさすたびに浮いているギルが、

一気にシェードへ移動するのを確認できた。


そのため、直接的な陽当たりがない、

シェードやオーバーハングのみに的を絞り、

テキサス&オリジナルラバージグ!

 

夏パターンに戻っているか?とフォールの釣りを中心に、

「ものを越えたら落とす」「ものを越えたら落とす」を意識しながら

打ち続けていくと…

f:id:nakani-shooter:20190909172740j:plain

小さいけれどガツガツバイトのアグレッシブバス

このパターンが炸裂し!?小さいながらも各シェードからバスを引きずり出す!!

 

いずれもシェード+ティンバーがある浅い側から深い側にかけて

丁寧に落としていくと『喰ったらラインが走る』なんとも分かりやすいバイトばかり。

f:id:nakani-shooter:20190909174358j:plain

小さいけれどみんなコロンコロンのバス....このバスたちのメインベイトは!?

あとで気づいたのだけれど、シャローには無数のザリガニ🦞

f:id:nakani-shooter:20190909174857j:plain

ザリガニも、この具が大好き⁉️

そりゃそうだわ

喰ってるメインベイトがザリガニ🦞なら、小さなわりに歯も強いしコロンコロンにもなるはずですわ!

たまたまマッチザベイトとなったテキサス&ジグのトレーラーにも使用していたエスケープチビツイン(通称エサケープチビツイン)がサイズ感もぴったりで、これは喰う訳だ!

f:id:nakani-shooter:20190909175556j:plain

まさにエサ❗エスケープチビツイン

 

 

ノリーズ(Nories) ワーム エスケープチビツイン 458 ゴマエビ.

ノリーズ(Nories) ワーム エスケープチビツイン 458 ゴマエビ.

 

 

角本さんにも攻略の鍵を伝えるシェード攻略で

f:id:nakani-shooter:20190909181150j:plain

ノーシンカーをオーバーハングスキッピングで角本さんも♪

やはり徹底したシェード攻略は必須でした。

 

小さな野池で、そこそこ釣りサイズアップが望めなかったため移動

 

 そこからまた30分走り、角本さんオススメ?のビッグフィッシュポンド♪

 

護岸されている一部の岸からしか攻めることができないが、超一級ポイントはここ

と教えてもらったオーバーハングにジグを打っていくも.......

 

素直でないワタシは早々に別のエリアを探し歩き、

先ほどの野池と同じくシェードを意識したオーバーハングにジグを入れ込んでいくも

 

無(泣)

 

そうこうしていると先ほどのポイントで角本さんの格闘&雄叫び

f:id:nakani-shooter:20190909183837j:plain

ドーン!怒涛の50cmオーバー❗

ひょえ~(;゜0゜)))))

 

『なかに~さん♪オーバーハングをノーシンカーのスキッピングでした

 

ハイ(・・;)浮いてたのね(汗)

 

教訓⇒『そのフィールドの常連の言うことは素直に聞くべし』

 

参りましたのオメデトウゴザイマス。

 

その後、素直になった、なかに~はインレットシャッドのノーシンカーで数を稼ぐもビッグサイズには巡り会えず.....

f:id:nakani-shooter:20190909185543j:plain

まぁまぁサイズも角本さんのビッグフィッシュに比べると.....

 

あっという間の1日でしたが、色んな気づき!学ばせてもらえました🍀

 

 

 

【本日の気づき】

1.フィールドの常連の言うことは素直に聞く

2.フィールドごとの魚の浮き沈みを意識

3.夏日の攻略糸口はシェードにあり

 

 

角本さん🎵ありがとうございます。

 

またご一緒いただける日を楽しみにしていますね~(^人^)

 

必見!100均ジグを改良してクオリティーアップ

巷でよく聞く?『100均ジグ』

少しの手を加えることにより

『プチクオリティージグ』に変更できる方法をお伝えします
f:id:nakani-shooter:20190906121514j:plain

世の中、便利になりメタルジグまで100均で売ってる時代なのですね(ワタシは、つい先日まで知りませんでした)

今回は、ダイ◯ーさんの100円メタルジグ(税込¥108-)
f:id:nakani-shooter:20190906121931j:plain

28gと40gが2色ずつあり、各ウエイト1つずつ購入!(これで税込¥432-)

通常のメタルジグ1つ分にも届かない価格にビックリ
f:id:nakani-shooter:20190906122715j:plain

パッケージをあけてみると、仕立ての悪そうなトリプルフック(鉛のハンダも適当)に、アンバランスなスプリットリング(^^;)))
f:id:nakani-shooter:20190906122754j:plain

まぁ100均だから許すけど(笑)


フックとスプリットリングは、ちゃんとしたメーカーさんのものに変更~使用し
f:id:nakani-shooter:20190906124527j:plain

最近流行り?のブレードジグにするべく

リーフが薄く、回転性能のよい

AgoProducts VIDRO-ism BLADE systemを装着!
f:id:nakani-shooter:20190906125453j:plain


見てみて!めちゃめちゃクオリティーアップしていません?

一気に『釣れそうなジグ』に早変わり
f:id:nakani-shooter:20190906130245j:plain

ショアジギで多種多様なジグを販売されているメーカーさんには申し訳ないですが、低価格でロストも気にせずキャストできる『100均ジグ』!

侮ること無かれですよ♪
f:id:nakani-shooter:20190906144209j:plain

コストパフォーマンスで浮いたお金は、また違う使い方もできますからね~(*^^*)






ライトゲームに絶対オススメ!マルチピースモバイルロッド

ここ最近のライトゲームにおいて.....

何本ものロッドを抱えて大きなクロカン🚐に積み込み(スミマセンそういうワタシいまだにランクルですが🤣)

お金も時間もかけて釣り🎣に行く❗ってのが主流な時代では、なくなって来たのではないでしょうか⁉️

一般的に自動車はコストパフォーマンスの良いKやハイブリッド🚙で、ちょこっと釣り🎣

手短な現場で少しの時間を自然🏞️と戯れる💡

もしくは会社帰りの路際にある水路でスーツ👔のままだけど、ちょっとだけ😅なんて

そんな方思いの方も多いのではありませんか⁉️



『いつでもどこでもお手軽に』釣り🎣を楽しめる



車🚐や自転車🚲での移動はもちろん

また飛行機✈️での持ち運び(移動)においても、機内持ち込みまでできてしまう

AgoProducts Shoots twitch S50UL(画像のハードケース付き)
f:id:nakani-shooter:20190904221639j:plain
が、手放せません🤩

このS50ULは、4pieceマルチロッドのスピニング版

アジ、メバル、ロックフィッシュ含むソルトのゲームフィッシュから管理釣場のトラウト系の淡水まで、こなしてしまうバーサタイルロッドとなっています🎵

f:id:nakani-shooter:20190904213448j:plain

f:id:nakani-shooter:20190904213613j:plain

f:id:nakani-shooter:20190904213913j:plain

f:id:nakani-shooter:20190904214707j:plain

f:id:nakani-shooter:20190904215227j:plain

f:id:nakani-shooter:20190904215744j:plain


「なんか違うものばっかり釣ってるやん❗」

って、つっこみはしないでね🤣

それだけいっぱいのターゲットが

『このロッド1本で釣れちゃう』ってことです😛👌

「まぁよくある継ぎ竿でしょ⁉️」って思われる方も、あるかもしれませんが.....

なんのなんの❗

ティップの入りから全体がしなり、強靭なバットに至るまで

テストにテストを重ね、ブランクスとガイド設計をおこなって製品化された☝️

可愛いカッコイイ🎵スーパーマルチピースモバイルロッドですから👍

実績は全国で既に実証済み❗

おかげさまで、どこの小売店様でも品薄となっています😣🙏

是非、見かけた方は手にして、実感‼️味わってみてください☺️

また、これ(S50UL)をもっていっしょに釣り🎣に行きませんか😃🎵

マルチでモバイル❗ちょこっと釣り🎣☝️

水辺が近くにあれば、すぐ覗き込んでしまうのが

【釣り人の性】ですもんね~🤣👌


以下、AgoProducts Shoots TWITCH S50ULは
ナチュラムさんでも購入🉑です↙️

https://www.naturum.co.jp/product/photoview/?itemcd=2965965&itemname=Shoots%20TWITCH%28%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A4%E3



エステルのすすめ~IkaMetal 仕掛け SV-Ⅰ

まだ2回の釣行🎣で大きなことは言えませんが

現在はまり中😅のイカメタル🦑
f:id:nakani-shooter:20190831114356j:plain

厳しい中でも、初心者🔰としては上々の成果に結びつけることに貢献してくれているのがこれ☝️

f:id:nakani-shooter:20190831105622j:plain
サンラインさんから発売されている『IkaMetal仕掛けエステル』❗

『エステルって何よ⁉️』『フロロでいいんじゃないの⁉️』

と、当初思ってはいたが😅💦なんの、なんの😛

この仕掛けが一体となった『IkaMetal仕掛けエステル』は.....

リーダーをトリプルサルカンに結び⇒エダスに浮きスッテ⇒幹糸下に鉛スッテを装着する

だけでリグ完成🎵(超簡単✌️)

スタンダードタイプにはエダスが5cmのショート、15cmのミドル、30cmのロングタイプの3種類があり


しかも.......


1)糸がらみが無くトラブルがない

2)直線性が良いからか、最初のイカパンチを「あれ⁉️」「何⁉️」と釣り人側が違和感として感じることができる(感度抜群❗)

3)市販のエステルイカメタルリーダーSV-Ⅰをエダスに用いることでロングリーダーのオモリグにも対応
f:id:nakani-shooter:20190831111537j:plain


とにかく、トラブルが少ないことと、アタリ(違和感)を取りやすいってのが、初心者🔰には凄いプラスになります😆👍

3)のオモリグ時のエダスは、ヒトヒロくらいとっても浮きスッテにダートマックス2.5号を使用した場合、からみゼロでしたよ🎵

イカメタル🦑をこれから❗って人は、上記のことから「騙された」と思って『IkaMetal仕掛けエステル』を使ってみてください🤗

『良いものは良い❗』

釣果に結びつける最善の策(近道)は『良いってもの(こと)』を真似してパクる‼️

これが一番です😝☝️

間違いないです👍Sunline『IkaMetal仕掛けエステルSV-Ⅰ』♪


サンライン(SUNLINE) イカメタルリーダー SV-1 エステル 30m #5 マジカルピンク

価格:1,080円
(2019/9/7 00:06時点)

今季2度目の挑戦!イカメタル釣行in若狭

前回の舞鶴釣行から約1ヶ月❗

初挑戦でわからないながらも後半30分に『これなのか⁉️』と掴みかけたイカメタル🦑

今回は、琵琶湖に引き続き同行の堅ちゃんプロに、イカ職人ゆきにぃ、長年JBトーナメントも引率いただいているゲーリー鈴木せんせ~、また、最近はバスより『海人』で1人ででも(逝ってしまう❌)行ってしまう金やんこと金田プロと、そのお友達2名と、なかに~との7名でのトライ🛥️💨
f:id:nakani-shooter:20190826134233j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826134306j:plain

エリアは当初舞鶴⚓からの出船🛥️を予定していたが、風🍃の影響により若狭 小浜の『かどや丸』へ変更
f:id:nakani-shooter:20190826134805j:plain

前回同様、約1時間かけてのロングドライブで沖合へと🌊
f:id:nakani-shooter:20190826135240j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826140903j:plain

ポイントへ到着❗で、「ここの水深は」と聞くと97m😅💦

秋になるにつれ、段々イカ🦑は深くなっていく⁉️とは言え、前回より30m以上深いレンジ💦

『とりあえず明るいうちはボトム❗』集中☝️と、なかなか到達しない底まて落としていくと......

f:id:nakani-shooter:20190826145046j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826140107j:plain
1投目から剣先イカGET❗(船内ファーストヒット)

気を良くして続けるが、そんなに甘くはありませんハイ😅☝️

日も暮れ🌅灯り💡がともり出すと
f:id:nakani-shooter:20190826144302j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826144502j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826144821j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826145500j:plain

みんなポロポロとは釣れるものの、ラッシュ⤴️はなく、ショートバイトをイカに取っていくかを問われるものでした😣💦

この日は潮が早く、また上と下の潮で流れも変わっており(二枚潮)非常にやりにくかったが



イカが抱いても単発でグーンと持って行くことがない(触ったままじっとしていることが多い)。

②アクションのメリハリを大きくつけてステイ時間を思っている以上に長めに取る。

イカパンチ後に即あわせせず、シェイク&ステイで触りたいイカを興奮させる。

④潮の流れが早いが極力軽量のリグ(なかに~は15号)を流す【なるべく他のみなさんに迷惑のかからないように】。

⑤エダスは長め(30cm以上)にとり、ダートマックス2.5号がフリーで漂うように(今回は、ほとんどのイカ🦑がこれを抱いていた)演出する。


f:id:nakani-shooter:20190826151335j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826151528j:plain

f:id:nakani-shooter:20190826151701j:plain



このようなことを肝に置きながら釣ることにより、竿頭26杯(さすがのゆきにぃ&ゲーリー鈴木せんせ~👍)

には劣るものの初心者🔰2回目イカメタル🦑のなかに~が20杯と大健闘を見せることができた🤩🙏


テクニカルで難易度が高いからこそ、トーナメンタ―がはまってしまう人気のイカメタル🦑なのでしょうね😝👍



厳しい中でも釣果に繋げられている一番の要因に

【Ago Products RETRIEVE C66GFS】の大貢献🎵が

f:id:nakani-shooter:20190826152524j:plain


このロッド🎣ホントにオフショア万能で、お世辞抜きにサイコーです😆☝️

イカメタル🦑のみならずタイラバ、ライトジギング、バチコンなど😳

これ1本あれば❗の究極ハイコストパフォーマンス、ハイクオリティロッドですよ‼️

さぁ~今季のイカメタル🦑はこれにて終了⁉️

いや❗もう1回ある⁉️

皆さんも早く始めて、この究極のテクニカルを是非体感してほしいです😛👍



#若狭湾
#イカメタル
#かどや丸
#メタルスッテ
#なかに~
#アゴプロダクツ
#アゴプロ
#agoproducts
#retreavec66gfs
#ダートマックス
#フィッシュリーグ
#サンライン
@sunline_japan
#エステルイカメタルリーダーsv-Ⅰ
#釣り好きの人と繋がりたい