なかにー釣り・アウトドア 自然とふれあい生き力!

楽しんでなんぼ♪自然とともに自然に生きる!   生命のドキドキを感じて活きたいから~     『なかにーの釣り・アウトドア行脚』

JB生野銀山湖シリーズ第3戦バークレーcup

夏☀️真っ盛り❗猛暑の中、JB生野銀山湖シリーズ第3戦バークレーcupが開催されました🎣

第2戦は無念の欠場であったため、今回は何とか時間の調整を行い出場に至ったが、十分なプラクティスもこなせず、当日の状況を現場合わせで探りながらの釣り🎣

大雨による濁りがとれ始めた銀山は巻きへの展開も難しくなってきており次第に『視界』に頼るバスの動きへと…

日中の水温も相当上がると簡単に予想できるため、朝のうちが勝負❗

水通しとシェードを意識したインセクショボ川岩盤側のシャロー浮きゴミをコンポジットツインの軽量1/64ozDSでフォール中に僅かに魚が追う姿が見えたため、この釣り🎣を押し通して1本

サイトでキーパーありそうな魚に出くわすが、アプローチをミスりチャンスを逃す💦

思いきってメインリバーである黒川筋の段々畑跡スーパーシャローへ入り極端な水深50cmを攻めて1本掛けるも船側に走ってきてこれまたミスり😫💦

その直後にダメダメと言いながら通りすぎて行ったノリノリ赤松プロが目の前でビッグフィッシュをキャッチ😱

やられた😵💦

頭も痛く熱中症気味のからだに追い討ちをかけられ完全グロッキー😰

それでも気を取り直して中流の沈み立木につくキーパーをなんとか追加🙏

今回は皆さんそこそこ釣れているようだったが、なかに~の銀山攻略はここまで😥

イメージ 1

2本511gで25位⤵️

なんとも、どっちつかずの結果で終わってしまった😩💦

お立ち台では、これまた追い討ちをかけるインタビュアーに選任され💦💦💦

イメージ 2


勝者の皆さんに本日のパターンを語っていただく🙏

イメージ 3


これを聞くと釣り方自体は間違いだった訳ではなく…

1)シャローのカバー周りから徐々に落として行くフォール(スロー)主体の釣り

2)シェードとなる少しでも水温上昇を避けられるエリア

3)常時カバーにいるのではなくクルーズする魚に合わせていく釣り

が、肝であったようだ😳

1)2)は気付いていたが3)に対応できず1ヶ所に留まる時間が長すぎたのが、今回のこの結果かな😥💦

夏らしい釣り🎣ができるようになってきた銀山湖🌴

決して簡単❗とは言えないが、その一匹の与えてくれる感動は大きな湖ですよ😃☀️

よしっ❗また次回💡

応えてくれたバスたちありがとう😉👍🎶

イメージ 4


タックル:ロードランナーストラクチャーst630MLS-ULft+サンラインshooter FC SNIPER invisible3lb+2-1/2"コンポジットツイン1/64ozDS

p.s 避暑地の銀山湖ですが、今の時期は水とポカリなどの清涼飲料水を最低でも3Lは必要です☝️

また夕方まで湖上に出られる方は急な夕立🌦️も非常に多いところですのでレインウェアは絶対お忘れなく👍

※写真提供JB/NBC